憧れの新築をゲットしよう

>

壁の数や位置によって決まる

壁が費用削減のカギを握る

新築のデザインを考えている時は、壁に注目してください。
壁の数が多いと、価格が高くなる傾向が見られます。
費用を安く済ませたいと思っているなら、部屋を仕切る壁をなくしてください。
トイレや浴室などの仕切りは絶対に必要だと思いますし、各家族の部屋の仕切りがないとプライバシーが筒抜けになります。

最低限必要なところにだけ壁をつけて、あとは壁をなくしてください。
開放感が生まれるので、部屋がスッキリして見えます。
予算が少ない人は、土地も狭いと思います。
狭い土地に新築を建設しようと思うと、窮屈なデザインになりますが、壁を減らして開放感が生まれれば広く見えるでしょう。
また家族同士のコミュニケーションも取りやすくなります。

壁がある位置を工夫しよう

2階建ての新築をデザインする人が多いと思います。
その場合は、部屋の真下に同じような間取りの部屋がくるようにデザインしてください。
すると、壁の位置が同じになります。
壁の位置が異なっていると、それぞれ個別に壁を取付けなければいけないので面倒です。
ですが位置が同じなら、大きな壁を1枚取り付ければ良いだけなので手間にはなりません。
材料費を抑えることにも繋がります。

1階と2階の、バランスが良い住宅を目指してデザインを考えましょう。
また壁の位置が異なっていると、柱を増やさないといけません。
それも費用が大きくなる原因だと言われています。
余計な柱や壁が増えないように考えれば、少ない予算でも新築を手に入れることができます。


このコラムをシェアする